ブログ

ブログ

歯科コラム
2021/09/15
磁性アタッチメント義歯が保険適用となりました!
磁石でくっつける入れ歯をご存知ですか?

‘磁性アタッチメント義歯’ と呼ばれるものですが
9月より、保険適用となりましたので、詳しくご紹介します。

興味のある方やもっと詳しく話を聞きたい方は
お気軽にスタッフまでお尋ねください(^^)/

湯髙


【義歯(入れ歯)について】

従来の保険適用の義歯は、クラスプと呼ばれる金具がついており
残っている歯に金具をひっかけることで義歯を維持しています。
そのため、どうしても金具をかけている歯自体に力がかかってしまい
残っている大切な歯が弱っていく可能性があったり、
金具自体が折れたりゆるんでくることが多々あります。

また、金具をひっかける歯がない方(=総義歯、総入れ歯)は
維持力が弱く、入れ歯がゆるい、浮いてくるといったことが起こりやすいです。



【クラスプのない義歯=磁性アタッチメント義歯】

磁性アタッチメント義歯とは、
・義歯に磁石を埋め込みます
・歯の表面にキーパーと呼ばれる装置を接着します
義歯の磁石とキーパーがカチッとくっつくことで義歯を維持します。




【磁性アタッチメント義歯の適応】

今回、保険適用となった磁性アタッチメント義歯は
9歯以上欠損の義歯と総義歯です。
総義歯の方はキーパーを接着できる歯または根が残っている必要があります。
(自費診療では、歯のない方でも磁性アタッチメント義歯が可能です。)


【特徴】

磁性アタッチメント義歯の特徴、従来の保険適用義歯との違いとしては、
・審美性の良さ
 → 金具がないため、見た目がより自然です。
・着脱の簡単さ
 → 金具のひっかかり具合によっては難しかった義歯の着脱が
   磁石でくっついていることで、よりスムーズに行えます。
・残存歯に優しい
 → 金具をかける歯がないため残っている歯への影響がありません。


【MRI撮影時は要注意】

義歯に磁石がはめこまれているため、撮影時は外していただく必要があります。
また、舌や咽頭など部位によっては歯に接着させたキーパー自体を
除去する必要がある場合もあります。
それ以外でも、キーパーが緩んでいると外れる恐れがあるため
MRI撮影の予定がある方は事前に歯科を受診していただくようお願いします。



CONTACTお気軽にお問い合わせください

当院では皆さまが「お口の中で気にされていること」を改善できるよう尽力いたします。
お悩みや分からないことがおありの際は、お気軽にご相談ください。